いつかは行きたいシリーズ第四弾!!

今回はインドネシアはバリの魅力をカレカノ独自の視点から
迫っていきたいと思います。

緑鮮やかな田園風景、白砂のビーチ、神秘的なバリ伝統芸能、バリの人々の柔らかで優しい笑顔など、
リゾートに必要なすべてを網羅したバリ。

いつか行くその日の為に、事前にチェックしていきましょう!!

基本情報

バリ島は、東南アジアのインドネシア共和国に属する島である。
首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島と共に第一級地方自治体(Daerah Tingkat I)であるバリ州を構成する。
2010年の島内人口は約389万人である。

バリ島はアルプス・ヒマラヤ造山帯に属する小スンダ列島の西端に位置している。
島の西にはバリ海峡を挟んで大スンダ列島に属するジャワ島が、東にはロンボク海峡を挟んでロンボク島を含むヌサ・トゥンガラ諸島があり、
帯状の列島の1つをなしている。バリ海峡の最も狭い所は3km 程であり、バリの海岸からはジャワ島の姿形をとらえることができる。
(ウィキペディアより)

日本との時差は1時間、フライト時間はおおよそ7時間半!

ホテルのスパだけではなく、寺院、ビーチなど見るところはたくさんあります。

いつか行くその日の為に、事前にチェックしていきましょう!!

カップルにおすすめスポット

「ウルワツ寺院」

1

バドゥン半島の南西のはずれにある高さ70mの断崖絶壁に立つウルワツ寺院です。

10世紀ごろ高僧ウンプ・クトゥランにより建立され雄大な夕日が見られるスポットとして、とても人気のがあります!

敷地内の会場では毎日18時よりケチャックダンスが行なわれサンセットの時間には、大勢の人で賑わいます☆

さらに、野生のサルにも出会えますが、悪戯には要注意です!!

「キンタマーニ高原」
2

北東部に位置する高原地帯キンタマーニはバトゥール山とカルデラ湖であるキンタマーニ湖が望める景勝地です!

周囲には展望レストランが数件あり、この絶景を眺めながらのランチが人気です☆

「ブサキ寺院」
3

アグン山の中腹に位置する30余の寺院の集合からなるバリ・ヒンドゥー教総本山の寺院。

ヒンドゥー三大神、破壊神シヴァ、繁栄神ヴィシュヌ、創造神ブラフマのが中心に祀られ寺院には
最高11層にも積み重ねられたメルと呼ばれる塔が多数建ち並ぶ厳かな雰囲気です。

ブサキ寺院観光する際には、ブサキ寺院専属の地元ガイドを雇わなければなりません!気をつけて!!

「タナロット寺院」
4

ここもバリに来たら立ち寄っておきたい観光スポットです。夕陽がとても綺麗なのでサンセットディナーなどのツアーがオススメ☆

近くでは音楽やバリの踊りを見ることが出来るレストランも多いですね♪

「サヌール・ビーチ」
5

バリのリゾート地として有名な欧米人に人気の静かなビーチ。

サヌールビーチでは自転車をレンタルすることができビーチ沿いの遊歩道から景色を眺めながらサイクリングが楽しめます☆

のんびりと過ごすのにおすすめのビーチです♪

以上、バリのおすすめスポットでした☆

他にも紹介できなかった見所はたくさんあります!
あらかじめ計画をしっかり練っていきましょう♪