心理学

こんにちは、ゆずです☆

大学とは、
巨大な婚活会場のようなもの。

それは、出会いが多いという
単純な理由だけではありません。

実は、大学には
心理学的な裏付けに基づく「幸せな結婚」に必須の条件が揃っていたのです。

心理学の調査結果が示す真実

「自分と似た部分=『類似性』に
 人は惹かれる」というのは、
心理学の調査結果。

「『仲が良いカップルや夫婦は、なんだか雰囲気が似ている』と感じたことはありませんか? 人間は自然と自分と似た雰囲気、似た環境、似た趣味がある人に惹かれていくものなのです。それは、自分と似ている相手には無意識に安心感を覚えるためです」
出典:http://okmusic.jp/#!/news/44175

もちろん、まったく違う部分に
惹かれるというケースもありますが、
幸福な結婚生活に欠かせないのは
この「類似性」なのかもしれません。

大学にいる人は「類似性」が高い

同じくらいの偏差値の人が集まる大学。

頭の中身もだいたい同じだし、
学科やサークル内恋愛なら
興味の方向性も似ていて当然。

さらに言えば、
育った家庭環境も似ていますし、
就職先のレベル、つまり年収も
そんなに差が開かないようです。

共通点がたくさん見つかる大学なら、
もはや出会う人全員が恋愛対象!
と言っても過言ではないかもしれません。

…いや言い過ぎか。

共有する思い出の数も多い

共通点、というならば、
思い出を共有することほど
相手と親近感を感じることはありません。

大学生ならでは、
好きなことを自由に追い求めて
旅行に行ったりイベントを行ったりした
思い出はかけがえがないもの。

そんな時間の共有は、
類似性につながるだけでなく
パートナーとの絆も深めます。

学生時代に出会った人と
結婚できるというのは、
素のままの性質をお互いわかっている
という意味でも、
幸せなものかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考になりましたか?

1度きりの人生で、
最高のパートナーを見つけやすいのは
大学生時代―。

こうなったら、何が何でも
学生のうちに最愛の人を見つけてやる♡

そんな人のために、
別の記事では
大学生の出会いの場はどこ?知っ得★恋愛会場5選」を
ご紹介しておりますので、
ぜひそちらも見てくださいね(^^)